FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
RMXいじり(リードバルブ、排気バルブ)
昨日夜~今日もRMXの始動困難の原因をさぐるべく、RMXいじりをしました。
トラブルシューティングに沿ってまずはリードバルブの点検。
キャブは先日外しているので、あとは6個のボルトを緩めれば簡単に外れて
きます。

PAP_0545.jpg

まったく問題なしw
エンジンがかかると、この樹脂の板がビラビラと中で開閉するんですね~。
リードバルブ、すばらしく単純な機構です。

次は電気系のチェック。
プラグに火花が飛んでいるか?ですが、飛んでますw 強いか弱いかと
言われると、わからないけど大丈夫そうだなあ。
CDIやコンデンサ等のテスターチェック方法もサービスマニュアルにのって
いますが、面倒くさいので後日にしようっとw

次はRMX系のHPで見かけた排気バルブの確認にトライ。
よく開きっぱなしになっちゃうトラブルが発生するらしく、そうなると
始動性が悪くなるらしい。

チャンバー外して車体もすっきり。これだけですぐにでもエンジンを
降ろせそうな雰囲気になってくるw 2ST単気筒ってシンプルっすね~。

DSC_0340.jpg

DSC_0333.jpg

排気バルブを動かすロッドは正常。若干おたふくソースが溜まってますが。。

DSC_0341.jpg

ロッドを手で動かすと排気ポートから見える排気バルブは正常に動いていそう。
でも、カーボンがものすごい堆積しているので掃除してあげたい感じ。
しかし、それにはシリンダーを外さないと無理ですな~。後日チャレンジして
みようか。

この排気バルブ、ガンマはサーボモーターで動かしているけど、RMXは
エンジン回転を遠心ガバナーでうけてロッドの上下運動に変えて動かして
いるんですね。すばらしい。
DSC_0338.jpg

更に奥を覗き込むとピストンが見えてまいりました~
ちょっと傷ついてるけど大丈夫?
PAP_0541.jpg

リング周りはこんがりおいしそうに焼けてる。
PAP_0543.jpg

これって正常ですか?わかだない。
いずれにせよ、ここまでバラしたら蓋を開けたくなってきましたw

シーズンオフも長いので、ゆっくり楽しみながらいじって参りましょう~。
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

[2010/11/28 00:55] | RMX maintenance | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。