FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
RMXのショックのオーバーホール
いや~春めいて参りましたね。

今年は北見地方は猛烈な大雪に見舞われて、いつもより雪解けは
遅くなりそうですが、着実に春に向かって時は流れてますね。

冬の間にOHに出そうと思っていたのですが、どうもやる気にならなかった
RMXのリヤショック外しをやっとこさやりました。
取り掛かってしまえば一時間もかからずに外せちゃいましたw

1425786789030_R.jpg

おそらく、OHなんてされたことないと思うショックです。
OHしたらどれだけ変わるか楽しみですね。

とりあえず、TECHNIXに見積もり依頼をしてみました。
2万くらいで出来るかな~?


ついでにスイングアームも露になったので、リンク周りもばらしてみようと思います。

DSC_0386_R.jpg

R1000はいつもどおり、細かいところまで徹底的に磨いて、走れるようになったら
レッドバロンでオイル交換すな。



スポンサーサイト
[2015/03/08 14:11] | RMX maintenance | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
RMXのタイヤ~ん
今日は午前中は娘の学校で親子レクがあるということで、私は一人でお留守番w

そこにキター!!!

先日ポチったRMXのタイヤです。

DSCN3994.jpg

あまりネットに情報が無くて良いんだか悪いんだかわかりませんがw
IRCのBR-99っす。公道走行可能なエンデューロレースタイヤです。
今までがダンロップのD605っていう、中途半端なタイヤだったのですが、
フロントタイヤが簡単にロックして逃げるのが特に嫌だったので、
今回はもうちょっととんがったタイヤにしてみました。オフロードでの
グリップを味わってみたかったんです。って、やっぱりこのタイヤが良いか
どうがわかりませんがww 
あんまりとんがると、舗装道路でかなり危険らしいので、これくらいにしておきました。

↓D605と比べるの図(リヤ)

DSCN3995.jpg

早速組み替え!!! 結構簡単に作業完了!!!
作業の参考にしたのはやっぱりこれ。本当にわかりやすいです。




↓↓フロントタイヤもうちょっとではまるの図

DSCN3999.jpg

タイヤをホイルへ組み付け時の最後にバコっ!といってホイルにはまる時って
気持ちよくて結構癖になりますねw

前後組み換え装着終了。やっぱりD605よりかっこよく見えます!!

DSCN4005.jpg


とまあ、ちょっと気が早いですが、春が待ち遠しくて作業してしまいました。
早く乗りて~~~

しかし、一番春を待ち遠しくしてるのはこいつらですねw

DSCN4008.jpg


テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

[2014/02/02 22:09] | RMX maintenance | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
ブレーキキャリパー
パッドピンを思いっきりやっつけてしまったRMXのフロンとキャリパーです。

DSCN3471.jpg

これはもう新しいの買ったほうが早いと先輩の助言もあり、
結局ヤフオクにて落札してしまいました。

届いたキャリパーは思っていたより綺麗で満足♪
左が落札したキャリパーです。

DSCN3563.jpg


パッドもFERODOのやつを新調して早速装着。

DSCN3564.jpg


はじめは全然効かない感じでしたが、早速友人とプチツーしていたら
あたりがついてきて、元通りちゃんと効くブレーキになってくれました。

DSCN3565.jpg



これでRMXもほぼ満足できるところまで整備できたんで、走りまくりますよ!!!

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

[2013/05/22 00:19] | RMX maintenance | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
RMXの試乗
先日治したと思うエンスト病ですが、ある程度距離を走っても再発しないか
確認のためぶらっと走ってきました。

天気が激悪なGWですが、今日はめずらしく青空が雲の隙間から見えるので
ちょっと気持ちいい朝です。

DSCN3538.jpg


目指すはチミケップ!!
先日はやぶうさんと来たときはまだ道に雪が残っていてびびりながらの
走行でしたが、今日はそんなことはなくてクネクネ砂利道を気持ちよく快走♪


DSCN3551.jpg

というわけであっという間に到着~

穏やかな湖面に釣り人が釣り糸を垂らしていい雰囲気ですわ~

DSCN3547.jpg


注意!!

DSCN3539.jpg

その後、ファミリーランドに抜ける林道を走ろうと入り口まで行きましたが、
残念ながら途中通行止めということで引き返し、いつもの練習場所で坂道の
練習をしてから給油して帰ってきますた。

というわけで、エンスト病は完治です!!!

エンストを気にしなくていいっていのは気持ちいいですねwww

んで、今日は78.3Km走って3.34Lの給油

なんと23.4Km/l走った!!!!!!

これはかなり調子のいい2STエンジンというものではなかろうか。
これなら釧路方面の林道遠征も気兼ねなくいけそうだっ!!!!

マフラーからのオイルの飛び散りもほとんどないと思うので、誰か後ろ走ってみてね♪

DSCN3543.jpg


次はブレーキキャリパーなんとかするぞ~


テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

[2013/05/04 14:34] | RMX maintenance | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
エンスト病解消
皆さんこんばんわ。GWいかがおすごしでしょうか。
こちら北海道は天気が最悪のGWになってしまいました。
今日なんて最高気温2℃で雪降ってますよwww

そんな中、めげずにRMXでちょろちょろしているfogです。

さて、RMXのその後ですが、腰上&腰下OHにて吹けもパワー感も最高で、
白煙もおさまりミッションオイルも減らなくなりまして、絶好調!と
いいたいところですが、唯一残ってしまった病気がエンスト病。

運転手がへたくそでエンストするってわけではなくて、

・アイドリング中に車体をちょっと右に傾けるとエンスト
・走っていてブレーキングしながらクラッチ切るとエンスト

というのが日によって発生する。
定常状態のアイドリングはいつでもいたって健康。という大変ストレスの
溜まる状態でした。


ってわけで、天気も悪いこのGWを利用してエンスト病撲滅運動を展開
したのでしたww

まずは症状からしてキャブの油面が狂っているのかな~と思ってサービス
マニュアルに則って油面調整をしてみました。

PWK33(キャブ)を水平に保った状態にて測定ということで、水準器が
要るな~買ってこなきゃな~と思っていたのですが、そこは発想を転換
してスマホの水準器アプリを使用してみました。

DSCN3456.jpg

いやあスマホ便利。

んで測定した結果・・ ん~~ 0.5mmくらい高いかな?といった
感じだったのでちょっと油面を下げるためにフロートの金具を曲げて
組みました。

すると右に傾けるとエンスト病が無くなったではありませんか。

キター!!か?と思って試乗したのですが、ブレーキングエンスト病は
治っておらず。。。

意気消沈しながら家に帰る途中色々試したのですが、どうも車体が前に
傾くとエンスト。車体を前後に揺するとエンスト。左右に揺するのでは
エンストせず。というのがわかりました。
現象としてはガソリンが濃くなっちゃってエンストしてるっぽい。。

やっぱ油面なのかな~? でも油面が1~2mmずれたくらいでこんな変な
現象が顕著に出るものか?という疑問が拭いきれません。

これはアイドリングを司るパイロット系のなにかがおかしいと思ってキャブ
をばらし、パイロット系の穴が詰まっていないか調べるためにパーツ
クリーナーをパイロットジェットからぶっこんで見ました。

すると気づいたことが!!! なんかフロート室の上のほうからパーツ
クリーナーがもれてくるよ!!!なんでこんなとこから??
ああっ!!!? こんなとこから漏れてくるってことは逆にガソリンをここから
吸っちゃうってことで、アイドリングの燃調くるっちゃうじゃん!
しかも、漏れているところは車体が前に傾いたり、減速Gがかかったら
ガソリンが浸かっちゃいそうなところです。

↓赤丸が漏れてくるところ。
DSCN3465.jpg

ってわけで、ここをばらすには特殊ドライバーが必要なので、即効ホーマック
に車を走らせてトルクスドライバーを買ってきて早速ばらし。

ぬおお!なんかパッキンの塊みたいのが出てきた!!

DSCN3459.jpg

この写真の丸いOリングがヘタって気密を取れなくなっているんでしょう。

こんな部品、取り寄せないと無いってことで一旦剥がして清掃してうまく
気密性が保たれますようにとお祈りしながら組んでみたところ、ブレーキ
クリーナー吹き込み実験の確認では見事に漏れが納まってました!!

これはとりあえず完治でしょう!!と思い、ワクワクしながら急いで車体に
組んでみたところ、見事にブレーキングエンスト病が治ってました!!!
いくら車体を揺すっても何事もないかのように元気にアイドリングして
くれるエンジン君。いやこれが当たり前なんですがw

RMXを譲って頂いたときから発生していたアイドリング不調。
やっと原因を突き止めることができました。長かった。。。。

これでエンジンは完調!!!

と思っていたのも束の間。また新たな問題が。。。。。


DSCN3471.jpg



フロントキャリパーのパッドピン、おもいっきりなめましたwww


ブレーキパッドの交換ができませんっ!!!

まさに 一難さってまた一難っっ!!!!!


テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

[2013/05/02 22:02] | RMX maintenance | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。